tenruのぶらり旅

PDA、GPSを愛しつつ、電動自転車に乗って下町を探索しつつ、肉を喰らいながらダイエットしなきゃねー、と思い続ける日々をただつれづれに。
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
記事検索
 

2006年01月30日

熱帯魚のヒカリメダカとスーパーレッドゼブラダニオが回収だって。ペットのリコールなんて初めて聞いた。

いきつけの熱帯魚屋に見慣れないふだが。
「ヒカリメダカとスーパーレッドダニオを探しています。」だって。

ぴかぴか蛍光になってる魚だから、もしかしたら腕時計の蓄光塗料みたいに
放射線物質でも色付けに使っていて、それが認可されていないか
違法な量をいれてたのかな?と思ったら、遺伝子操作が不認可のままだったんだって。

遺伝子操作されている魚がいるのも驚いたけど、他にもそういうのがいて、
そういうのはみんな不妊処理がしてあるそうな。んで普通に流通してんだって。
ところが今回は問屋側に手続きに不備があったらしく、保健所が薬殺して回ってるそうな。

んじゃ、それ飼って殖やそうとしても増えないのかー、というのと
遺伝子操作した生き物が出回っていることに驚いたな。
posted by tenru at 17:30| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(1) | ペット・熱帯魚 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
遺伝子操作したの売るなんて
生物学の基礎くらい勉強すべきだろう。
遺伝子操作自体は先端技術かも知れないけど、
環境生態学を無視してたらねぇ。
売れりゃ何でもいいってのは本当に無教養だな。
Posted by yoshi at 2006年01月30日 23:15
いやいや、それがOKらしいよ。
ちゃんと手続きしてれば。
環境に対しては不妊にしてあんだって。
Posted by tenru at 2006年02月01日 01:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック


Excerpt: ・避難所生活、どうする?ペットの処遇 中越沖地震・カラーズ 自然乾燥のペットフード、米社と販売代理店契約・夏休みの折り紙 第一弾 BlogPet新ペット編・カラーズ 自然乾燥のペットフード、米社と販売..
Weblog: ペットの感想
Tracked: 2007-08-12 18:42