tenruのぶらり旅

PDA、GPSを愛しつつ、電動自転車に乗って下町を探索しつつ、肉を喰らいながらダイエットしなきゃねー、と思い続ける日々をただつれづれに。
<< 2020年12月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
記事検索
 

2004年12月23日

吉野家?どうしても納得がいかん。

吉野家の社長がテレビで独占インタビューに答えている。
BSEがアメリカで発生して以来、数ある牛丼チェーンが牛丼の販売ができなかったが、
最近は吉野家以外の大手はオーストラリアや中国の牛肉を使って牛丼販売再開を行っている。
そのなかで吉野家はアメリカ牛を使っていた昔の味を大事にするために販売しないそうな。
そしてそれを市場は評価するはずであると。

待て待て、んじゃなんで豚丼売ってんの?言ってることとやってることが違うぞ。
豚丼売らなくちゃ生活成り立たないのだから矛盾した理屈を言うなって。
「はやい、やすい、うまい」がモットーだけど内容から言うと早いのは当たり前だし、やすっぽいから値段相応、ほんとにうまいものを求めている客はいないって。
あとは、、、なんといっても許せないのは牛肉の安全性云々いう割には、アメリカ牛肉の輸入禁止措置がとられたときに何してた???
危険かもしれないアメリカ牛肉の不良在庫を最後まで平気で売り切ってたじゃねぇの。要は危険性がはっきりしたものを利益のためだけで売り切っただけでしょ?それを喜々として食ってた最後の客なんてテレビでさらし者になってんだから。
ここで吉野家が汚名挽回するには。。。。
今アメリカが安全性を確認しないままでも日本に牛肉を輸出しようと圧力をかけている。
これに対して大口顧客であろう吉野家がはっきりと全頭検査してから日本によこせ!と逆に圧力をかけるぐらいなら吉野家応援するんだけどな。。。
posted by tenru at 17:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック