tenruのぶらり旅

PDA、GPSを愛しつつ、電動自転車に乗って下町を探索しつつ、肉を喰らいながらダイエットしなきゃねー、と思い続ける日々をただつれづれに。
<< 2020年11月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
記事検索
 

2004年12月25日

相田みつをの詩はやくざの詩

くだらねぇ。。。
なんかそんな事件があったんだと。
教師が生徒の詩を見て相田みつをみたいなやくざな詩だって言ってそれ以来、
その子はからかわれたんだとさ。
べつにやくざ扱いなんざどうってことと思うけど、ひとによっちゃぁショックでしょう。

んで、気になるのは。。。
確かに相田みつをの詩は洗練されているわけでも高級テクニック使ってるわけでもない素朴なもんだろうけど、
それを評してやくざの詩ねぇ。。。
もうちょっと表現力ないもんかね?
そんなやつらが子供たちに先生として指導してると思うとがっかりだね。
多分、今回の事件はこのことだけが原因とは思えないけど、
そのくだらなさが気になる。。。

でも子供のころを思い返して、自分の恩師たちのことを考えてみると。。。
けっこうしょうもない奴らが多かったなぁ。。。
あ、天王洲アイルで花火上がり始めた。。。
人が仕事してるってぇのに。

あと相田みつをの色紙を見ると、最近ありがちなラーメン屋の演出や飾りが思い出されて腹が減る。。。
posted by tenru at 17:14| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック