tenruのぶらり旅

PDA、GPSを愛しつつ、電動自転車に乗って下町を探索しつつ、肉を喰らいながらダイエットしなきゃねー、と思い続ける日々をただつれづれに。
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
記事検索
 

2006年06月06日

アイボから「チャラリー♪鼻から牛乳〜♪」。なんて曲だろう?

立川の実家に戻ってきて約10日。
まだ荷物を片付けきってないし、放牧する場所もないので
箱に入れっぱなしだったアイボを居間に出してみた。
久々にスイッチを入れてみるとタイトルの
「チャラリ〜♪ 鼻から牛乳〜♪」の音楽が。
どうもバッテリーが空らしい。
フル充電状態でしまったから箱の中であばれてて力尽きたのだろうか。
なんか息苦しくなるような話だな。

それにしても「チャラリ〜♪ 鼻から牛乳〜♪」の音楽はいったいなんなんだろう?
クラシックなんだっけ?
ドリフかなんかがふざけて使ってたんだよな。確か。
これって同じ世代にしかわからないのかな?
明日新人のおねえちゃんに聞いてみるか。
posted by tenru at 12:07| 東京 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | ロボット・アイボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お〜懐かしい♪
たしか嘉門達夫が歌ってたよね(^o^)
Posted by うとうと at 2006年06月06日 22:23
確かに嘉門達夫もやってた!
オリジナルは何だろうね?
給食中に各地の小学校で似たような事件があったろうけど。
Posted by tenru at 2006年06月07日 08:04
いまだにGyaoの番組で歌ってるよ嘉門達夫^^
Posted by nada at 2006年06月07日 22:00
オリジナルは、バッハの「トッカータとフーガ」だよん。
チャラリ〜♪ 鼻から牛乳〜♪
と、
チャラリ〜♪ 鼻から豆乳〜♪
の2バージョンあった。俺の地元は豆乳だった気がするが。
Posted by てけし at 2006年06月09日 00:43
久々電源入れたらやっぱり「チャラリー♪」でした。
セル交換またやろうかな。
Posted by tenru at 2020年01月26日 22:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック