tenruのぶらり旅

PDA、GPSを愛しつつ、電動自転車に乗って下町を探索しつつ、肉を喰らいながらダイエットしなきゃねー、と思い続ける日々をただつれづれに。
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
記事検索
 

2006年11月12日

M−1 小粒化、八百長、でも期待はしたい。

M−1が始まってんだなー。
もうそんな季節か。
K−1と同じで最初はおもしろかった。

とはいえ審査員たちがそれなりの薀蓄を
たれるんだけど、そいつら自身が語るほどの存在ではないので
腑に落ちなかったり。

その後どんどん芸人が小粒化したり、

お前はTBS(もしくは協栄、正道会館)か!というくらいの吉本の八百長ジャッジがあったりで
ちょっと興味が薄れた。

去年というか今年は品川庄治が普段の1.5倍くらいおもしろかったんだよな。
それでもM−1決勝ギリギリのラインって印象。
普段はもちろん予選落ち。お笑いというよりもうタレントだもんな。
ほかは笑い飯は芸が荒くなってたし、麒麟はそこそこで確かに優勝するか
しないかくらい。
優勝のブラックマヨネーズといい勝負。
でも全体的にはイマイチ。
アンタッチャブルとかが暴れてた初期はおもしろかったなぁ。
今年はどんな感じだろう?
笑い飯とか麒麟の出来次第で盛り上がるかな。


http://osaka.nikkansports.com/news/p-on-tp5-20061112-116064.html


以下の通り35組が3回戦に進出しました。

カリカ(吉本興業 東京)
やじろべえ(アマチュア)
天竺鼠(吉本興業 大阪)
アジアン(吉本興業 大阪)
UNDER POINTO(吉本興業 名古屋)
金時(吉本興業 大阪)
笑い飯(吉本興業 大阪)
田中上阪(吉本興業 大阪)
ストレートタイム(アマチュア)
ビタミンS(吉本興業 大阪)
藤崎マーケット(吉本興業 大阪)
青空(吉本興業 大阪)
ロザン(吉本興業 大阪)
バルチック艦隊(アマチュア)
ナースステーション(アマチュア)
王(デリートエンターテイメント)
イアソン(松竹芸能)
GAG少年楽団(吉本興業 大阪)
ギャロップ(吉本興業 大阪)
日刊ナンセンス(吉本興業 大阪)
ラフ次元(アマチュア)
祇園(アマチュア)
牧戸上原(アマチュア)
サンバルカン(アマチュア)
いしまる(松竹芸能)
まいなすしこう(吉本興業 大阪)
レールウェイズ(アマチュア)
BLUE RIVER(アマチュア)
麒麟(吉本興業 大阪)
キンショーカイショー(アマチュア)
チキチキジョニー(松竹芸能)
ハイスクールぶらんど(アマチュア)
覆面マスク(松竹芸能)
学天即(アマチュア)
スマイル(吉本興業 大阪)


あ、弾丸ジャッキーおちてら。
審査員の同意を得るにはつらいよな。
きっと。
posted by tenru at 13:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ・映画・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック