tenruのぶらり旅

PDA、GPSを愛しつつ、電動自転車に乗って下町を探索しつつ、肉を喰らいながらダイエットしなきゃねー、と思い続ける日々をただつれづれに。
<< 2020年07月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
記事検索
 

2007年07月01日

iPhone発売。私がなんとなくAppleが嫌いな理由。

iPhone発売か。
ipodの発売のときもそうだったけど、特に目新しい機能はない。
すべて既存のスマートフォンの機能を子供向けに噛み砕いて
センスがいいという幻想につつんだもの。
ipodも既存のシリコンオーディオの焼き直しだし特に目新しさはない。
そもそもアップルコンピュータでさえ、発足時のマウス、GUIも
既存のものからぱくってきたという歴史を考えればさもありなん。
どっかしら「アップル」として焼直すことによって自力で新しい技術に挑戦できない一般人に浸透するという構図になってるのかな。
そこで少々うっとうしいのがマックでさえipodでさえiPhoneでさえ
そこで初めて使い始めた人間が自分は最先端でおしゃれだとでも勘違いしてるのが鬱なんだよな。
なんかイメージは「高校デビューのヤンキー」ってとこか。
しかも白いイヤホンつけてる連中はipodで音楽を初めて聞き始めたのかチャカついてる奴らが多いし。
ipodのイヤホンそのものの性能に疑問もあるがカナル式やノイズキャンセル機能くらいはデフォで装備して欲しい。
日本のマーケットで売るなら通勤電車とかで使う人が多いとか考えてもらわないと。
それほどipodに初めて飛びついちゃうような消費者が周りの迷惑やなにやら深く考えることもないんだから。

かえってそんな姿はださくて仕方がないと思うんだが。
ちょうどipodが流行りそうになっていたころ、以前の職場で新規事業を手がけていた人が
「ipodを使って喜んでいるやつとは仕事ができねぇ」って言っていたのが印象的。
多分マーケティングの面でアップルそのもの動きはおもしろいんだけど、
それに踊らされる側にはなっちゃいけないよな。

そんな感じで、なんとなくアップルそのものにはあまりいい印象がない。
さらに気持ち悪さを感じるきっかけになったのが以下のギズモードでの
ニュース画像。
現実から目を背けて「自分たちは良いものだ!」と思い込みによる自己正当化しようと
気色の悪い盛り上げ方はまさしくカルトそのものに思えるんだよなぁ。
http://www.gizmodo.jp/2007/06/post_1786.html

あ、あと大学時代に付き合ってた女の子が頑なにアップルユーザーで、
爆弾出まくって苦労してるのに「おしゃれだから」とかの理由で
使い続けているのに納得がいかなくってそこから印象が悪くなったんだよな。
もしかしらたらそれが一番大きいのかも。

posted by tenru at 16:04| 東京 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ひどいね。iPhoneのキャンペーン。
ありゃ引くわ。

でもiPod初代出た時は、高かったから一般うけしなかったけど、
MD主体の中、ああいう形での媒体を出したのは林檎が初めてでしょう。
HDDだったけどね。メインパソの音楽が全て入るのが画期的だった。
流行る前の話だな。

今はコストパフォーマンス悪いから買わないねー。
パソの音楽全部入んないし。HDDで携帯すれば間違いなく壊れるし。
ipodもiphoneもどっちも便利とは思えないんだよね。
まあ利用人口が増えると変なのも多くなるのも事実だわな。

おいらも林檎ユーザーだけど、「便利」がメインですから。
便利で使ってきたし、それなりの利益も上げてきたので。
中にはそういう人もいるんですよ。ええ。

OSXになってからは落ちることないですよ。
落ちるのはMSソフトが殆ど。
それもアプリのみ独立して落ちるので、OSは落ちません。
Posted by 不思議男 at 2007年07月02日 01:17
アップルのはなしだとおもう
Posted by BlogPetのtenru at 2007年07月02日 10:23
おお、そういや林檎派だったね。。。
まぁ俺にとっての林檎のイメージは
一番下に書いてあったことの要因が大きいからね。。。
Posted by tenru at 2007年07月03日 12:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック