tenruのぶらり旅

PDA、GPSを愛しつつ、電動自転車に乗って下町を探索しつつ、肉を喰らいながらダイエットしなきゃねー、と思い続ける日々をただつれづれに。
<< 2020年08月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
記事検索
 

2006年09月12日

長州力のオフィシャルTシャツ。

060909_1917~001.jpg
買う度胸まではなかった。
見られただけでいいや。
posted by tenru at 09:04| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ・映画・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月29日

24時間テレビでさわんな!ヴォケ!

24時間テレビでさわんな!ヴォケ!

アンガールズに触ろうとした70〜80才くらいの老婆に
スタッフが罵倒だって。
気持ちはわからなくない。
途中で車に乗るかどうかはしらないけど結構きついことやってる人間に
負担をかけないようスタッフも必死だから。
いくら世間に晒されてなんぼの芸能人とはいえ、状況が状況だし。
プロレスラーとか相撲取りをぱちぱち叩くのはわかるけど、
走ってるアンガールズはさわられるのは結構きついよな。
いい年こいて浅はかなって気はする。

ただそのときに出てくる言葉が普段の態度や地の部分がでちゃうんだな。
そんな人間が表面取り繕って絆だなんだっていうことがおこがましい。
アメリカが「正義」を表に出すことや、出の悪い人が結構天皇とか
日本らしさにこだわったり宗教が周りを助けるとかアピールするのも
自己矛盾を隠しているのと同じレベルだ。

http://www.youtube.com/watch?v=c9Myy-GL-RQ

他にもCMあけにスタジオで放送が始まっているのを気づかず、
番組出演者たちがアンガールズの中継を見ていて「うわ、きも」
「だめだろ」とか言ってる音声が入っていたし。

夜の部はフジテレビレベルのバラエティで途中途中では学芸会みたいな
とってつけたようなドラマを入れているし。
別に24時間でもないような気が。。。

でもトータル4時間分くらいは見ました。
posted by tenru at 15:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ・映画・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月21日

早稲田優勝。うれしいねぇ。

すげぇなぁ。
野球だけとかの三流校じゃないってのがすごい。
それにみんな必死さがよく伝わる。
サッカー日本代表の1.5倍は努力してんな。
すばらしい!
posted by tenru at 22:56| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ・映画・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月20日

高校野球おもしろかった。みんなおっちゃんだねぇ。

おもしろかった。
また決勝は明日だね。
昨日からみ始めて思ったんだけど、
最近の高校球児はガタイがいいね。
笑顔も早実の斉藤以外はさわやかというよりも
あぶらぎってる。
俺が高校生のときにはもっとさわやかだったぞ。
posted by tenru at 16:45| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ・映画・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月19日

巨人ボロ負け。やっぱ点とれなきゃな。

チャンスになると丁度ヨシノブになっちゃう。
期待がもてねぇもんな。
奴は。
どうでもいいんだけどね。
posted by tenru at 21:33| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ・映画・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月18日

映画「マダガスカル」見た。とりあえず。なぜかオイスターバーを思い出した。

アニメ映画。
内容は別にいいか。
おもしろかったけど、
冒頭のグランドセントラル駅が懐かしかった。
あそこのオイスターバーhttp://www.oysterbartokyo.com/ja/fromny.htmlに閉店後に入ったんだけど
よほど落胆した姿を見せたせいか
なぜか受けてくれて食べれたのがうれしかったな。
社会人2年目くらいだったかな。
品川に姉妹店があるらしいけど、まだ行けていない。
なにか特別なときにでも行ってみよう。

posted by tenru at 15:56| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | テレビ・映画・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画「シンシティ」を見た!こりゃおすすめ!

おもしろかった!

通勤中に見ててもいつも帰りは途中で寝てしまうんだけど
引き込まれて寝ずに見てた。

帰ってきてからもそのまま続きを見切ってしまった。
残虐なシーンが多いせいかモノクロの場面が多く見にくいが、
それでも想像力をおこされ引き込まれる。

それになんだか盛りだくさんに感じるストーリー展開なんだよな。
映画としてのこう盛りだくさんさが強くて。

いやさ満足。

posted by tenru at 15:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | テレビ・映画・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画「ナショナルトレジャー」を見た。面白かったよ。

ニコラスケイジってかっこいいのかな???
一応もてキャラなんだろうけどなんか見てると違うんだよね。
内容はまぁまぁ。
楽しかった。
内容はアメリカ建国の歴史がテンプル騎士団からフリーメーソンまで続く
と仮定してその財宝が「ナショナルトレジャー」でそれを追い求める話。

ちょっと知識を持って見ると、ただの純粋な侵略から始まったという不純な建国の歴史と、短い歴史というアメリカのコンプレックスの塊みたいな映画ってことだね。

でも娯楽としてはおもしろかった。


posted by tenru at 15:06| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ・映画・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月06日

山本KID、金メダル獲り宣言。応援したいけど暴力事件とかタトゥーは?

KID金メダル獲れるのかな。。。
あの身体能力なら期待したいけど。
でもアマであの刺青はどうすんの?
ファンデーションで隠すわけにもいかんし。
あれ消そうと思ったら外科手術大変でしょ。
あと暴行事件とかつっこまれてごたつきそうだな。
解決したんだろうか。

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/other/column/200608/at00010140.html
posted by tenru at 15:44| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | テレビ・映画・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

HEROS桜庭・ゾンビ化の試合について。やはりTBS絡みは危険か???

あれは危ないよ。
決して死闘でもいい試合でもない。

ゾンビになってるし。
ボクシングでもパンチに酔い始めると、ダメージに慣れ始めて
どんだけダメージが蓄積しても動き続けちゃう。
ゾンビになったら骨を折るか、筋を切るか
物理的にうごけなくするか、脳に障害を起こさせて運動機能を停めるしか
打撃でKOはできなくなっちゃう。
もちろんそんときゃ最期になっちゃうでしょう。

ゾンビ化は普段から酔ってて飛びやすい人がなりやすい現象だから、
これはサクはちとやばいのかも。。。
普段から呂律もいまいちだし。

おそらく選手の立場が逆ならすぐとめてたでしょう。。。
やはりカメの件といい、あの場で停めてしまうことが
興行的にまずかったから続けたのかな。。。

相手選手としてもゾンビになられたらそれ以上のことは出来なくなってしまう。
より強く攻撃して殺す?かたわにする?
ただ単に勝つまでやらせる、それじゃぁ貧民街の子供に勝つまでやらせようと
金属バットを持たせる負け犬の親父みたいなもんでしょ?

やっぱTBSの裏の力はすごいのでしょうか。。。
冠スポンサーも怪しげな会社だし。

ちょっとサクの今後が心配。。。

しかもこの試合を観た人々はどう思うのか。。。

http://sports.yahoo.co.jp/hl?c=sports&d=20060806&a=20060806-00000012-spn-spo
posted by tenru at 15:06| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(1) | テレビ・映画・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月05日

「ゲド戦記」評判どおりの出来でした。いろいろ問題はあるようですが。

昨晩、ナイトショーでスタジオジブリの「ゲド戦記」を見てきました。

当初作品製作が発表されたときものすごく期待してました。
電博が組む!なんてのもあったし。

だけどいざ発表されたら不穏な評判ばかり。
何が悪いかわからないが。

実際見てみると。。。

○絵のアンバランスさ。
キャラクターは旧来のジブリのもの。
だけど背景はちょっと油絵っぽくしてる。
それがなんともバランス悪く素人くさい。
奥行きと広がりを感じる絵がジブリだと思うんだけど
必要以上に広い場面を見せるんだが、広いように見えないんだよな。
それは新宿アカデミーのスクリーンが汚いせいでかもしれないけど。

○菅原文太/岡田何某の声優の単調さが退屈に思えてしまう。
感情を押し殺すような演技がジャニーズ系には難しかろう。
菅原文太はスポットで出るならいいけど、通しでは物足りない。

○ストーリーがまとまってない。
やっぱりもとの題材が大きすぎたんじゃないかな。
ぶつ切りの展開、つながらない場面。
いらっとする。
無駄に感じる場面・エピソードがあるがストーリーは薄い。
オリジナルストーリーじゃないからジブリとして
消化できてないんじゃないかな。
ハウルも話としては中途半端だったし。
もうオリジナルをやるだけのエネルギーがないのだろうか。

○設定の甘さ。
暑いんだか寒いんだかもわからん。
みんな薄着でうろちょろしてて火に当たってシチューを食べたり。
急いでどっかに行こうとしてるんだが、どこに行こうとしてるかが
見ててもイメージできない。

○中途半端にジブリ
キャラクター、千のときの黒いドロドロ、塔のラピュタ的なくずれかた。
いろいろと「こんなんあったよなぁ」と思わせるシーンが
縮小されて出てくる中途半端さ。

なんか独りよがりなのかもな。
それとも作り込みが甘いのか。。。
つれは「やっつけ仕事みたい」と言ってた。。。
ジブリのパロディに見えるな。

最初からいったいなにがそれほどひどいんだろう?
と思って見に行ったからよかったけどジブリへの期待感を
もって見に行ったら暴れてた。。。
見る価値ないかもしれないけど、見たうえでああ、こんなもんかと
納得できたのでいいかな。

そうそう、女の子の唄だけはよかった。

posted by tenru at 13:46| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(1) | テレビ・映画・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月30日

K−1ワールドGP。解説がつまらん。

レベルの高いキックボクシングも見たいけど、
ムエタイみたいに選手層が厚い訳でもないし、
ボビー対藤本の試合というか試合にならないばたばたを
見ているとやっぱ格闘技は総合だわな。
K−1見ているとなんとも不完全燃焼で。。。
こうしてみると初期のK−1のコンセプトが異種格闘技で
最強を決めようとして実際にはみんなでキックボクシングをやっただけ
という現状がちょっと残念。
そうすることで誰が見てもわかりやすくなったというのはいいけど、
大衆化してつまらなくなったようで、残念。

しかもフジテレビの解説陣はほんとどうしようもないな。。。
コメントがつまらない。
昔のワールドプロレスリングのマサ斉藤の解説はおもしろかったなぁ。
マスクマンを本名で解説しちゃったりとか。
興奮してる辻アナの発言をレスラー視線で全面否定しちゃったりとかして。
それでめげない辻アナもすごかった。
posted by tenru at 23:26| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ・映画・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月23日

長州小力と長州力が初遭遇したらしい。

ダウンタウンDXで長州力と長州小力が共演したらしい。
見たかった。。。
別に長州が怒ったりトラブルにはならないだろうけど、
どんなんになるか見ときたかったな。
YouTubeで探してみるか。
posted by tenru at 14:40| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(1) | テレビ・映画・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月21日

酒のCMは自粛でしょう。「山本の話題NG…キム兄ピリピリムード」

そりゃ、話題はNGだわな。
とはいえ、喫煙シーンや酒・タバコのCMをゴールデンの時間に公共の電波に乗せるくらいだから、
放送倫理や企業倫理もあったもんじゃないわな。

http://news.livedoor.com/webapp/journal/cid__2219916/detail?rd
posted by tenru at 08:47| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ・映画・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月18日

吉本興業は18日、お笑いコンビ「極楽とんぼ」の山本圭壱さん(38)が未成年者との飲酒やみだらな行為をしたとして、専属タレント契約を解除すると発表だって

うわ。。。

http://www.asahi.com/national/update/0718/TKY200607180690.html?ref=rss

ロンブーとかの合コン仲間にそそのかされたのかね。
しかし手を打つのが早いな。吉本。
事件があったとされる日から1日2日しかたっていなくて事情聴取レベルなのに。
いうなれば事実確認中でしょ。

なんかおかしい。
余罪がぼろぼろあるのかな?
それとも他に波及しそうなので切り捨てに入ったのか。。。
なんだろう?芸能界の大物?若手が軒並み怪しいとか?
posted by tenru at 23:32| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ・映画・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月15日

カポエラがすごい!映画「トムヤンクン」

引き続き映画「トムヤンクン」を見てるんだけど
決闘シーンの「カポエラ」がすごい!
初めてカポエラを格闘技として認識した。
今まで何度もテレビでも実物も見たけど、
ダンスの域を出てなかった。
ましでも打撃として的に当てにはいってるけど
倒そうとしてない気が。
多分倒したことがないからだろうけど。
それがこのシーンだと倒しにいってるように見える。
映画だから本当の意味でうまく演出(テレビでいうところの「=インチキ」ではなく)されてるのかもしれなけど。
いやぁ、タイ人侮りがたし。
posted by tenru at 22:57| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ・映画・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

映画「トムヤンクン」を見た。レベルアップしてる!なんか象がみたくなった。

いや、待望の正当なるマッハの続編。
別にストーリーはつながってないけど。
でも内容。クオリティは○。
トミージャーのムエタイアクションが出てるし。
たとえ軽量でもあれだけの動きがあると迫力がある。
実際破壊力がありそう。
あとすごいのが象の演技!
演技というのか象の自然の動きをうまくストーリーあわせてるのかは
わからないけど、すっごくはまってる。
すばらしい!

劇中でタイ語で象を指す「チャー」って言葉が出てくる。
学生時代にタイに行ったときにカンチャナブリで象に乗ってえさあげて、象使いのおばちゃんに
「この象のなまえは?」って聞いたら「チャー」って答えてて
後からそれは「タイ語で象っていうんだよ」ってこたえてたのか!
って後から知ったことがあったな。
それとも犬に「イヌ」というがごとくにそのままの名前だったのだろうか。
プーケットではなぜか小象にしきりに股間をまさぐられたよな。
象使いのおっちゃんもチップを請求するのを忘れて笑いこけてるし、
俺はもっと象に触りたいのに接近すると股間を鼻でアタックされるし。
うーん、面白かったなぁ。
上野動物園に象でも見に行こうかな。
posted by tenru at 22:04| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | テレビ・映画・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月11日

ジダンの頭突きの原因について

話では@テロのことA出身地のことB母親のことC映画の宣伝がいずれも原因じゃないかといわれてますが、



私はてっきり髪型のことをいわれてしまったのかと思いました。

ジダン側のリリースも極めて深刻なことを言われたって言ってるし。
posted by tenru at 23:13| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | テレビ・映画・スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする